ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」について知っておきたい15個のこと

 


レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、世界がこれまでに知られている最も称賛され、最もよく見られた絵画の一つです。この有名な絵画についてあなたはどれくらいのことを知っているでしょうか?ぜひとも知っておきたい最後の晩餐のトリビアを贈ります。

1.「最後の晩餐」の実物は、あなたが思うよりも大きいです。

最後の晩餐の複製は、さまざまなサイズで制作されましたが、実物は横が29フィー(8.8メートル)トで、縦が15フィート(4.5メートル)です。あなたが実物をみると、その大きさに驚くでしょう。

 

2. 「最後の晩餐」は、裏切りが明らかになる物語のクライマックスの瞬間をとらえられています。

イエスが捕まえられ十字架に貼り付けになる前の、イエスと彼の使徒たち最後の食事が描かれています。しかし、その食事中の最もドラマティックな瞬間を、ダ・ヴィンチはこの絵画に描いています。イエスが、使徒がイエスを裏切ることを予言した瞬間を描いており、その時の全員の反応が見事に描かれています。、この瞬間にも、このキリスト教の聖餐式の象徴になるワインのグラスにイエスは手を伸ばそうとしています。

 

3.「最後の晩餐」は博物館ではなく、修道院に飾られています。

「最後の晩餐」は、簡単に世界で最も有名な絵画の一つです。ただ、残念ながら「最後の晩餐」を博物館で見ることはできません。最後の晩餐は、ミラノ、イタリアの修道院にあります。ダ・ヴィンチは戻って1495年のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂の壁に直接その宗教的な作品を描きました。

 


4,「最後の晩餐」は壁に描かれていますが、それはフレスコ画ではありません。

壁に直接絵を描く技法のひとつとしてフレスコ画がありますが、ダ・ヴィンチは、いくつかの理由で、この伝統的な技法を使いませんでした。一つの理由としては、伝統的なフレスコ画法は絵の明るさが不足することが多くて、より壮大な明るさを実現したかったということがあります。だけど、もっと大きな理由として、フレスコ画の場合、石膏が乾燥する前に急いで絵を書かなければいけないという弱点をダ・ヴィンチは嫌ったということがありました。

 

5, ダ・ヴィンチは、後の傑作にも用いられることになる最新の技術を「最後の晩餐」に使用しました。

絵の細部にわたるまで完璧にするために、ダ・ヴィンチは石の上にテンペラ(卵黄や蜂蜜・膠(にかわ)などを混ぜた不透明な絵の具)を用いた彼独自の新しい技術を導入しました。テンペラを吸収させ、そして水分から絵画を守る素材をあらかじめ壁に塗りこんでいました。

 

6.ダ・ヴィンチ自身が実際に描いた部分はほとんど残っていません。

最後の晩餐の絵自体は最高傑作でしたが、ダ・ヴィンチが新しく導入した石の上にテンペラを塗るという技術は失敗でした。16世紀の初めには、塗料が剥がれ落ち始めました。崩壊がし始めていた。50年もしないうちに、「最後の晩餐」は 、かつての輝きを失い、ボロボロになりました。そして、残念なことに、このころの「最後の晩餐」の復旧の試みは、ことごとく失敗に終わり、さらに絵画の保存状態を悪化させました。

第二次世界大戦の連合国のからの爆撃の振動により、「最後の晩餐」はさらに保存状態が悪化しました。しかし、ここ最近に大規模な修復活動が始まり、1980年から19年間にわたり修復が試みられました。これにより、 最後の晩餐が 奇跡的にその輝きを取り戻しましたが、ただそれと同時に、もともと存在したオリジナルの塗料の多くを失ってしまいました。


7.ダ・ヴィンチは、遠近法の一点透視図法をするために、ハンマーと釘を用いました。

「最後の晩餐」をとても印象深いものにしている理由の一つは、彼が用いた遠近法にあります。この遠近法により、絵画を見る人は聖書における衝撃的なシーンの間近にいるような錯覚を起こします。この錯覚を起こすために、ダ・ヴィンチは壁にハンマーで釘を打ちました。そしてその釘からひもを引っ張り、それに沿って遠近法に必要な角度に絵の構図を描いていきました。

 

8. 17世紀の改装工事により、最後の晩餐の一部が失われました。

1652年に、「最後の晩餐」が飾ってある壁の下側に戸口が作られました。この改装工事のために、イエスの足を含んだ絵画の中央下部の部分が失われました。

 

9. 「最後の晩餐」のユダは、実際の犯罪者をモデルにしたといわれています。

最後の晩餐に描かれているすべての使徒は、実際のモデルに基づいて描かれたといわれています。特に、裏切り者のユダ(左から5番目の銀の袋を持っている人物)に対して、ミラノ刑務所でモデルとして最適な服役者を探しました。


10.イエスのその後の運命を暗示している箇所があります。

イエスの右側にいるトーマスは、指で空中を差し示しています。このトーマスの空中を指し示すポーズは、この後にイエスが十字架で処刑され、天に上り、その後に死から復活するということが暗示されているといわれています。

 

11. 最後の晩餐に描かれている食事には深い意味があります。

ユダの前にこぼれている塩は、このシーンのあとの彼の裏切りを暗示しているといわれています。または、裏切りのものになる運命となった不運を意味しているといわれています。そして、彼の前にある魚のような料理にも意味があるといわれています。一つの説としては、その料理はウナギであり、イエスへの忠誠を表しているというのもです。また別の説では、それはニシンであり、イエスを信じない不実者のシンボルだという説もあります。2つの説は互いに矛盾していて、いまだに議論は決着していません。

 

12.最後の晩餐は、宗教上の挑戦的な理論に影響を与えています。

テンプラー黙示録という書物では、イエスの左にいるのは、ジョンではなくて、マグダラのマリアではないかという提案をしています。マグダラのマリアはローマカトリックでは聖者とされており、キリスト教におけるローマカトリックの優位性を示していると解釈されます。

また、音楽家のなかには、最後の晩餐にともなう音楽の中に最後の晩餐の真に隠されたメッセージがあると思っている人たちがいます。2007年、イタリアの音楽家ジョヴァンニ・マリア・パーラは、最後の晩餐の構成を読み解き、40秒の歌を作りました。

その三年後に、バチカンの研究者Sabrina Sforza Galitziaは、最後の晩餐の数学的そして天文学的の構成方法から、ダ・ヴィンチの世界の終わりに関するメッセージを解読しました。それによると、最後の晩餐は、西暦4006年の3月21日から11月1日までの間に世界を一掃する終末的な大洪水が起こることを予言しています。


13. 最後の晩餐は、さまざまな有名な小説に影響を与えました。

最後の晩餐が影響を与えたのは、有名なダ・ヴィンチ・コードだけではありません。ダ・ヴィンチが、裏切り者のユダのモデルを探していた時の逸話もよく知られています。ダ・ヴィンチがユダのモデルを見つけたとき、実はその見つけたモデルは、過去にイエスのモデルとしてダ・ヴィンチ自身が採用していたというものです。悲しいことに長い年月の苦しい生活が、モデルの天使のような表情を犯罪者のように変えていたというものです。ただ、この逸話は完全にウソと言わざろう得ません。

なぜ、この逸話が本当ではないといえるかというと2つ理由があります。一つの理由は、最後の晩餐を描くのに3年の歳月を要しているということです。もう一つの理由としては、このような人間精神の堕落の物語は、ずっと昔からさまざまな神話などで語られており、誰かがこの古めかしい物語を、最後の晩損のためにデフォルメした可能性が高いと思われるからです。

 

14.最後の晩餐は、何世紀にもわたって模倣され続けています。

芸術の世界と、ポップ文化の世界において、最後の晩餐は、様々な模倣品やパロディーを生み出しています。

16世紀から始まった最後の晩餐の絵の模写から、最近の サルバドール・ダリ、アンディ・ウォーホル、スーザン・ドロテア・ホワイト、そしてヴィック・ムニーズらによる最後の晩餐の模倣品にいたるまで、幅広く模倣され続けています。

最後の晩餐は、独特な宗教的な場面は、メル・ブルックスの喜劇やダ・ヴィンチ・コードで見つけることができます。

 

15.最後の晩餐を見たい人に贈る旅行の際のアドバイス

「最後の晩餐」は、イタリア旅行においては必見ですが、旅行の際には注意しなければいけないこともあります。それは、最後の晩餐が飾られている修道院は、たくさんの観光客が入れるようには作られていません。一回当たり15分の観光時間で、一度にせいぜい20人か25人しか入れません。なので、最後の晩餐を見たければ、少なくとも2か月前には、チケットを予約しておいたほうが良いでしょう。そして、実際に観光する際には、服装も修道院にふさわしいおとなしいものにしておいたほうがいいでしょう。さもないと、最後の晩餐がある修道院にいれてもらえません。