当たると評判の占いは?的中率抜群の占いランキングベスト10

今日の運勢はどうかな・・・?占いは今や、テレビ番組でも毎日取り上げられるほど毎日の生活に溶け込んでいます。占いといっても、その種類は様々。夢占い、手相、占星術、姓名判断などです。気軽に占えるものから、数式やカードを使った本格的な占いまで様々です。自分の性格や素質を知ることで、恋愛運・仕事運・金運などいい方向に導くことができます。今回はよく当たる占いをランキング形式で10個ご紹介します。

 

第10位 夢占い

夢に出てきた状況や物事で、未来のことを占いのが夢占いです。見えない世界や、無意識の世界とつながっていて、そこからのメッセージがあると信じられています。占いというよりは、心理分析に近いとも言えます。人間の行動は無意識のうちに、潜在的願望に導かれることから、近い未来を予測することができると言われています。夢占いの本があれば自分でも気軽に夢判断をすることができます。

 

ただし、夢がストーリーになっていたり、環境に依存する夢(トイレに行きたい夢など)は夢占いの対象からは外れると考えられています。

 

(おすすめ本)夢は神さまからの最高のシグナル――究極の「夢辞典」 なぞ解き「夢療法」で人生大好転!

筆者は夢両方の第一人者。夢辞典のキーワードが多く、自分で簡単に夢判断ができます。難しい学術用語などがなく、文章が平易でわかりやすいです。自分の深層心理が夢に反映されていてびっくりするかもしれません。夢は自分のよき味方で、人生の最強の味方であると本から伝わってきます。寝ていてもチャンスは夢からやってくることを教えてくれます。実例もいくつか記載されているためわかりやすいと好評の本です。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第9位 動物占い


1999年ごろにブームとなりましたが、未だに根強い人気のある占いです。かわいらしい印象から当たるのかあやしいと思うかもしれませんが、陰陽五行思想を基にした四柱推命をベースに、人間を4つのグループ、12種類の動物に分類した正統派の占いです。性格診断、恋愛、相性診断など様々なことを占いことができます。
占い方は、生年月日と換算表によって、対応する動物を決定します。対応するパターンは全60種類と幅広いです。自分だけでなく、家族や友人なども調べて「そうそう、当たってる!」とつい占ってしまいますね。

 

(おすすめ本)2018年版 大人の動物占いPREMIUM

大人向けの動物占いの本です。最新版の2018年の動向がわかります。総合運、恋愛・結婚運、金運、仕事・学業運が細かく書かれています。また、月別のアドバイスも掲載されていて、2018年の運勢を細かく知ることができます。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第8位 人相占い

目や鼻といった、顔の部位の形、輪郭、色などからその人の運勢や性格を引き出す占いです。生まれもった顔立ちは、その人の素質や運命を表します。顔の造りだけではなく、メイクや髪型、メガネや表情など、後付けで運勢を変えることができるとされています。

目は対人運とされ、目を見ればその人がどんな人かわかります。基本的な性格を表します。ほくろは総合運勢です。成長とともにほくろができる場合もありますが、その人の生き方などに合わせた箇所にほくろができます。眉毛は気性です。荒れている人ほど短気で気性が荒いとされています。輪郭は外面と内面を表します。鼻は財運です。たとえば、鼻の穴が大きいほど収入出費が多いとされます。唇は恋愛運です。髪型は恋愛の傾向を見るのに使用されます。

 

(おすすめ本)完全図解 東洋観相秘占: 人は見かけで99%わかる!

頭のてっぺんからほくろ、つま先まで、全身の状態や特徴を手掛かりに、その人の性格や運勢を占える一冊。自分自身を占うだけでなく、ぱっと見た相手の印象からどんな人なのか推察することもできます。431ページと大容量です。初心者でもわかりやすい一冊。これさえあれば人相の秘伝がわかります。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第7位 風水


風水とは、4000年前に中国で発祥した、気の力を利用した環境学のことで、開運を導くものです。衣食住など、まわりの環境が運を決めるというのが風水の基本的な考え方です。自分で持って生まれた運は変えようがありませんが、環境は行動で変えることができます。悪運を取り除き、逆に良運をひきこむための風水を実践することで、運のいい体質になることができます。

「陰陽五行説」を基本としており、自然界のものは火・木・土・金・水の五行に分類され、陰・陽どちらかの性質を持つと考えられています。五行はそれぞれがお互いを活かして運気を強めいていく相生(そうじょう)の関係があります。逆にお互いの運を下げる相剋(そうこく)もあります。風水では、相生を上手に活かし、相剋を避けることが大切になってきます。

 

(おすすめ本)やってはいけないブラック風水


こちらの本は「やってはいけない風水」を紹介しています。まず、やってはいけない行動(たとえばトイレに雑誌を置いている、冷蔵庫にチラシを貼っている等)をチェックし、やった方がいい風水を紹介しています。間取りなど実践するには難しい部分は言及しておらず、日常に取り入れやすいヒントがたくさんあり、読んだ後にお掃除したくなる気持ちになりますよ。文章も難しくなく、とても読みやすいおすすめ本です。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第6位 姓名判断

姓名判断は、姓名からその人の性格や、人生、適職、恋愛や結婚運、かかりやすい病気などを当てる占いのひとつです。ひとたび付けられた名前は、私たちひとりひとりの存在を表すものとして、死ぬまでついて回ります。そして、その付けられた名前によって、その人の運命が決まり、一生が大きく変わるとされています。日本では文字の画数から5つの格数(天格・人格・地格・外格・総格)を計算して解釈します。

赤ちゃんの名づけの際に参考にしたり、芸能人などが芸名を付ける時にも姓名判断を使うことがあり、わざわざ改名する有名人もいるほどです。

(おすすめ本)姓名判断

2011年と発行年度は古いですが根強く人気のある本です。付録の「漢字の読み方・画数丸わかり」は文字が大きく読みやすいと好評です。自分はもちろん、家族など周囲の人を当てはめて占ってみても、とても当たっていると感じている人が多いです。読みやすく、初心者でもわかりやすいと評判です。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第5位 西洋占星術

アラブや西洋諸国で発達した占いです。ある瞬間の星の配置が、その時地球上で起きた出来事や、その時生まれた人に何か影響を与えているという考えを基に、ホロスコープという星の配置図を作り、そこから運命を読み解きます。

星の動きから、戦争や災害などの関連性が研究され、そこから未来を予知しようとしたものが占星術です。17世紀頃までは天文学と占星術は表裏一体な面があり、学問のひとつとして研究されていました。最近では面倒な計算なしで占える「星座占い」が生まれました。おうし座、ふたご座などのポピュラーな占いです。

西洋占星術では、毎日の運勢、人との相性、世の中の流れ、未来に起きそうなことなど、様々なことを占うことができます。

(おすすめ本)完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master)

485ページとボリュームたっぷりの一冊。まさに西洋占星術の教科書と呼べます。著者の松村氏は占星術の学校を主宰しています。占星術の基本が網羅されており、ひとつひとつが詳細に説明されています。著名人のホロスコープを実例として紹介もされており、理解に役立ちます。若干高めではありますが、一回占い師に見てもらうことを考えたらお得な一冊と言えるでしょう。

 

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第4位 宿曜占星術

宿曜占星術の発祥は、紀元前のインドまでさかのぼります。知恵の菩薩として知られる、文殊菩薩が「宿曜経」を表したとされています。日本で広まったのは弘法大師こと空海です。空海は日常の行動に宿曜占星術を取り入れ、弟子たちに教えて広めたと言われています。

約27日で一周する月の軌道を27等分したものを「宿」といいます。その人が生まれた時に、月がどの宿にいたかで占います。月の状態によって、人の性質や吉凶がわかります。インド占星術を基にした、日本の占星術です。織田信長も宿曜道を戦いに用いたと言われています。

 

宿曜占星術は、個人の性格だけでなく、対人関係の相性や、日々の運勢を鑑定することができます。特に相性占いについては、他の占いよりも抜群の的中率を誇ります。

 

(おすすめ本)決定版!宿曜占星術―27宿が教えるあなたの運命・性格・相性

宿曜占いブームの火付け役とも言われる小峰有美子氏の著書です。気持ちが悪いくらいよく当たるとのレビューがあります。ただ、人間は月と太陽の影響を受けて生きているので、当然と言えば当然かもしれません。ネットでも宿曜占星術は占いことができますが、こちらの本はより分析が詳細です。夫婦、親子、友人、社内の同僚といった間柄の相性占いが特に評判よく、人間関係の参考になるとのことです。毎日の宿曜と自分の持った運勢から、特に注意する日なども把握ができます。文字が比較的大きく、読みやすいと評判です。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第3位 手相

手のひらのしわや筋、肉付きで性格や運勢を読み解きます。左右どちらの手を見るかは、占い師や流派によって変わります。手相は一生変わらないものではなく、運勢や脳の変化によって変わってくると言われています。良いといわれる吉相を、手のひらに書き込むという開運法もあります。また、手のひらだけでなく、詰めの形や手の形、指の長さを見ることもあります。

(おすすめ本)基礎からわかる手相の完全独習

始めて手相を学ぶ人、これから専門家を目指す人を対象としています。基本線4本(生命線・運命線・知能線・感情線)や、手のひらの丘など、手相を見るには必須のポイントを詳しく解説しています。様々な手相本がありますが、その中でもずば抜けてわかりやすいとのレビューが多いです。教本のように独学で学べるほどのしっかりした内容、かつ初心者でもわかりやすいのが魅力の一冊です。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第2位 タロット占い

78枚のタロットカードを使い、選んだカードから暗示を得る占いです。カードは、大意がつかめる大アルカナ22枚、細かい事象がわかる小アルカナ56枚で構成されています。タロットの起源は諸説ありますが、イタリアで生まれたカードゲームに、占星術や神話などの象徴が付け加えられたという説が有力です。

私はタロットカードに魅せられた時期があり、知人同僚など100人近く占いましたが、その的中率に驚きました。近い将来がわかるだけでなく、今後気を付けるべきポイントまでがはっきりとわかるので、全体的な運勢だけでなく、ある特定の問題の解決にも役立つ占いです。

(おすすめ本)アルケミア・タロット ― オリジナルタロットカード78枚セット

タロットカード78枚と、216ページに渡る解説書が付いたセットです。これだけで初心者でも簡単にタロット占いを楽しめます。解説書にはカードの詳しい説明のほか、占い方の基本、カードの展開法、リーディング例も多数掲載されています。新鋭CGアーティストによるカードの絵柄が美しいと評判が高いです。他のカードでは死神や悪魔のカードがおどろおどろしく描かれているものがありますが、暗い感じがないので抵抗なく占いに没頭できます。占い用ではなく、観賞用に欲しいとのレビューもあるほどです。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

第1位 四柱推命

四柱推命は東洋占星術の中でも信頼性が高く、占いの帝王とも呼ばれ、的中率はずば抜けています。中国で約1500年前に生まれ、陰陽五行説を基にしている命術です。その人の生まれた年・月・日・時間を四つの柱(四柱)に置き換えて、どんな陰陽、五行の要素になっているかを見ていきます。生まれた日から、性格や行動パターンが決まるとされています。四柱推命をするためには、その人の運命を「式」に表す「命式表」を作ることが必要になります。
人が生まれながらに持っている性格、能力を理解し、その人の経験や努力で変わる、未来の運命を的確に予測できます。
四柱推命は、起こった物ごとの裏側の理由を教えてくれます。運命を読み解くことで、人生を改善するように導いてくれます。

(おすすめ本)[実践] 四柱推命鑑定術 

446ページとかなりのボリュームがあります。図解は少なく、ほぼ文章のみとなっていますが、初心者の方でもわかりやすく書かれていると評判が高い本です。著名人の実例も多数掲載されており、理解に役立ちます。初心者にとっては難しい用語(神殺・十二長生)などもありますが、用語もわかりやすく説明されており、自然と四柱推命の世界がつかみやすい構成になっています。

アマゾンでこの本の評判をみる

 

おわりに

いかがでしたか?よく当たると評判の占いを10種類ランキング形式でご紹介しました。東洋の占いから西洋の占いまで、自分の今の気分とマッチするものを選んでみてくださいね。現状を理解することで、未来は開けます。占いで、明日からの生活をより豊かなものにしていきましょう。