3000円代で堪能できる!カルフォルニアステイタス赤ワイン、推奨10選!

3000円代の値段で堪能したい赤ワインを楽しむシチュエーションてどんな時ですか?最近でいうプレミアムフライデー、仕事がひと段落した時、ダイエットがちょっと成功した時など自分、家族へのちょとした労いのシーン、また週末での家族、気の合う仲間との会食のシーン。そんなプチ贅沢な幸せなひとときをカリフォルニアワインでプチ贅沢な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

アメリカワインの特徴

アメリカは、フランス、イタリア、スペインに次世界4位のワインの大国でもあります。百貨店やスーパーなどでカリフォルニアを見かけることは、フランス、イタリアに比べると圧倒的に少ないですが、品質いいワインがラインナップされています。

アメリカのワインは、生産は圧倒的にカリフォルニア州が占めております。日本で見かけるアメリカ産ワインのほとんどが、カリフォルニア州のナパ・ヴァレー、ソノマなどが有名です。オレゴン州、ワシントン州、ニューヨーク州もワインを生産しております。ただネットで特化したショップでしかお目見えする機会はあまりありません。百貨店やスーパーで見かけるアメリカワインは、圧倒的にカリフォルニア産の物がほとんどです。

ぶどうの種類としては、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニョン、ピノ・ワールなどの品種が主に栽培されています。また、ジンファンデルもカリフォリニアでは有名です。カリフォルニア州では、10%ほど栽培されいるようです。よりアメリカ寄りのワインを選ぶのであれば、ジンファンデルはおすすめですが、日本では数が少ないのが現状です。

 

カリフォルニアワインは実はステイタスワイン!

カリフォルニアワインは、フランスに比べると土壌的に温度が高く、糖度の高いワインを生産することが出来ます。また、秋の収穫の時期に雨が降らないのでより糖度が増します。糖度が高いことにより、より熟成された、コクのあるフルボディのワインを作る事が可能です。そんな背景から、カリフォルニアワインの愛好者は実に多いようです。

かつては、アメリカも低価格なワインを提供する大量生産する工業的な手法でおりました。しかし、低価格で高品質なチリワインに圧倒的に押されてしまっています。

アメリカは、世界の経済大国。巨万の富をつかんだ成功者がたくさんいます。彼らは、こぞってワイン通が多く、自らワイナリーを営む超高額所得者がいます。ドナルド・トランプ大統領もワイナリーを営んでいます。しかし、いくら巨万の富を持つ者でも、ワイナリーを趣味のごとくに営んでいるのでしょうか?そうした著名なセレブが営むワイナリーは、ブティックワイナリーと呼ばれています。欧州からもカリフォルニアのとりこになり、移住してワイナリーを営んでいる方も少なくありません。

ワインを愛する巨万の富を持つ成功者が、こだわりを持って技術と資本に投資を惜しまず、高級ワインを生産しています。ブティックワイナリーを持つ事は、セレブにとってはちょっとした夢、ステイタスになっているようです。

 

カリフォルニアステイタス赤ワイン推奨10選!

セレブによるこだわりのあるブティックワイナリーが多いカリフォルニアワインですが、手頃な価格からラインナップされております。しかし、チリやフランス、イタリアワインよりは身近なお店での品数は少ないのも事実です。お店で1品か2品、カリフォルニアワインを発掘できるくらいでしょう。しかし、探してみるとフルボディで3000円代のワインもたくさんあります。お手頃価格なおすすめなワインを10選、選び抜いてみました。

10位 カルロロッシカリフォルニアダーク3L

3Lてどのくらいの量かわかりますか?通常のワインは750mlです。なんと4本分です。それでいて、2,256円とまあデイリーにもってこいなワイン。それも辛口でフルボディときたものですから、常日頃から常備しておきたいおすすめなワイン。もうほとんど水替わりです。紙パックタイプで注ぎ口がついていてついついほとんど水替わりのようにして飲んでしまいます。また、ロックにしてもよしとサントリーのサイトでもおすすめでありました。料理に使う、サングリアなどデザートワインなどに使用、アレンジしても惜しくはありません。
カルロロッシのワインは、スーパーやコンビニでもよくお目にかかります。世界では、75カ国の国に販売されています。カリフォルニアワインの中でも、価格も最もリーズナブルで、どこででも入手しやすく、カリフォルニアワインの中でも入門的なワインです。

 

アマゾンで購入

 

9位 ダークホースビッグレッドブレンド

「ダークホース」は女性オーナーベス・リストンによるワインメーカーのワイン。こちらもフルボディなのに1,480円とかなりリーズナブルな価格で楽しめます。型破りで革新的で情熱的な女性オーナーのもと「ダークホース」は、1年たらずで100万ケースも売り上げたこともあります。そんな高い売り上げ、情熱の賜物である「ダークホース」は、「予想外の活躍をしそうな馬」と競馬用語から名付けられました。ワインの命名には面白い由来があります。ワイン雑誌でもよく取り上げられ、ステーキハウスなどでも導入されおります。世界各国の上質なメルロー、シラー、ジンファンデルなど濃くのあるぶどうの品種を選びぬき、ブレンドを施し、多彩な味が楽しめます。多彩な日本人の和洋折衷、どんな食事にも合います。週末のプチ贅沢なディナーにいかがですか?

アマゾンで購入

8位 ベリンジャーカベルネソーヴィニオンカリフォルニア

「ベリンジャーカベルネソーヴィニオンカリフォルニア」は、1,290円の価格でデイリーワインとしては最適な価格。ナパバレーのワイナリー、ベリンジャーは創業140年と歴史は古い老舗のワイナリー。ドイツから移住してきたベリンジャー兄弟が、ナパバレーのワインに適した土壌、温度に魅せられ、禁酒法時代の苦難の時代を乗り越え、現代のカリフォルニアワインの礎を築きました。現代は、6代目の世代マーク・ベリンジャーにより創業者の意思を築き、現代に至ります。

アマゾンで購入

7位 肉専用黒ワインCarnviorカーニヴォ


「肉専用黒ワインCarnviorカーニヴォネーミング」はフルボディでありながら2,087円とかなりリーズナブル。ネーミングからお肉料理に特化したワインを打ち出しています。これなら「今夜はステーキ!焼肉!」という肉系ディナーに持ってこいのワイン。レッドウッドクリーク社の「Carnviorカーニヴォ」の意味は、「肉食を好む人」の意味合いを言うようです。お肉にちょっと奮発しなのなら、このワインをチョイスしてみてはいかがでしょうか?
Carnviorカーニヴォは、ナパやソノマに肩を並べられるくらいの恵まれた土壌のローダイで育まれたカベルネソーヴィニオンが独特の味を醸しだしています。世界でも超有名なワイン評論家ロバート・パーカーものお墨付きで口コミで、セレブに伝わり、ファンを多くしました。日本でもカリフォルニアワインフリークの間で絶賛です。

アマゾンで購入

6位 スペルバウンドカリフォルニアメルロー

ジェロボーム社の「スペルバウンドカリフォルニアメルロー」も価格2,592円と2千円代のフルボディ。スペルバウンドとは、魔法にかかるという意味。ワインのラベルも月の神秘的なイメージを打ち出しており、今宵はワインの虜にさせられたいとの意味合いでもあるのでしょうか?メルローのぶどうをふんだんに使い、フレンチオークでしっかりと熟成させて、フレーバーなワインを醸しだしています。

アマゾンで購入

5位 ニュートンクラレット750ml

MHD社による「ニュートンクラレット」は、2,654円の辛口フルボディ。厳選されたソノマの畑での毎年厳選されたぶどうのブレンドを使用してます。年ごとによってぶどうを味わいを楽しめます。さらにオークの樽につけてあることによりほのかなフレーバーなバニラの香りも楽しめます。

アマゾンで購入

4位 ナパヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン2014 フランシスカン

フランシスカン社による「ドラジェ ナパヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン2014 フランシスカン」は2,570円の価格ながら、評論家の評価も高く、テレビで紹介された事もあるようです。こだわりのある小ロットのワイン作りは、現在でも受け継がれていて、20ヶ月かけて樽につけこみ、熟成されております。かの有名なカリフォルニアワインの最高級のオーパスワインの隣のワイナリーで作られたワインとしても名高いです。

アマゾンで購入

3位 フランシス・フォード・コッポラディレクターズ・カット ジンファンデルドライ・クリークヴァレー

ワイン・イン・スタイル社の映画監督フランシス・コッポラのワイナリーはあまりにも有名で西海岸の観光地の一つとしても有名です。この「フランシス・フォード・コッポラディレクターズ・カット ジンファンデルドライ・クリークヴァレー」は価格もフルボボディでありながら、コッポラのネームバリューがありながら3,326円とお手ごろです。コッポラのワイナリーはナパ・ヴァレーの中心地にあるようでして、こうした3000円台の手軽なワインから最高級なワインまでラインナップされております。映画の初期の頃のフィルムをデフォルメしたワインラベルもコッポラらしさを醸しだしており、お土産にも最適です。
80%ジンファンデルの果実を20%前後メインにプティ、プティットシラーを加味し、フレンチオークとアメリカンオークのブレンド樽でよりフルーティーな熟成されたフレーバーを醸しだしています。
コッポラワイナリーのワインで、映画の話で家族で、仲間と話が弾みます。

アマゾンで購入

2位 カレラ セントラル ピノノワール(2014)

カレラの「カレラ セントラル ピノノワール(2014)」3,780円でフルボディと100%ピノノワール使用、カレラの強いこだわりからしては、かなり良心的な値段のワインです。カレラのワイナリーは、学者のインテリが作ったワイナリーと有名で、エール大学とオックスフォード大学で学び更に、ロマネコンティの元で修行を積み、カリフォルニアのロマネコンティと呼ばれた超インテリのジョジュ・ジャンセン氏は、ロマネコンティの元で修行を積んだ地の土壌のブルゴーニュはと同じ石灰石土壌の地を、人工衛星とヘリコプターを駆使してカリフォルニアを探し当ててた土壌との逸話は有名です。
100%ピノノワールに様々な果実や花びらでフルーティな甘みと甘いオークをブレンドさせて、よりこだわりのあるワインを感じさせてくれます。

アマゾンで購入

1位 シックス・エイト・ナイン・ナパ・ヴァレーレッド2014

シックス・エイト・ナインエラーズの「シックス・エイト・ナイン・ナパ・ヴァレーレッド2014」は、2700円のフルボディ。シックス・エイト・ナインのワインは、カリフォルニアワイン通なら知っている人は多いでしょう。6は幸福、8は豊かさ、9は長寿を表しています。まさにワインに込められた願いでしょうか?ワインに特化したマーケティングエージェントプルミエ・ワイン・グループがのワイン。マーケティングの視点から作られ、熟成されたワインが多くラインナップされています。2014年は、とてもワインの出来がいい年であったようです。新年の家族の集いなどに、家族の幸せと健康を願って、楽しみたいワインです。

アマゾンで購入

 

おわりに

カリフォルニアワインは、ワイナリーの温度、土壌ともワインを作るのに最適な環境です。その環境に魅せられ欧州から移民も多く、またアメリカ本土の事業に成功したセレブが営むブティックワイナリーが多く、それぞれが研究費を惜しまず投資しており、こだわりのある上質なワインを作っております。しかし、手に届かないような値段でなくとも、3000円代で手に入る、お手頃なフルボディのワインも多くラインナップされております。ちょっとプチ贅沢したい時、家族で仲間で、カリフォルニアワインを堪能してみてはいかがでしょうか?