iPhoneの外出中の充電切れ、携帯用モバイルバッテリーで解決!

iPhoneを使っていて困るのが、外出中にバッテリーが切れてしまうことです。そんな時に携帯用の外付けモバイルバッテリーを持っていると、外出中にiPhoneを充電することができて大変に便利です。軽くて小さいので、これをカバンに入れておけば外出中にiPhoneのバッテリーが切れてもその場で再充電できます。私が実際に便利に使っている携帯用のモバイルバッテリーを紹介します。

私が買ったのはこのAnker製モバイルバッテリーです。

Anker® Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー 急速充電可能 iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】(ブラック) A1211012

(スペック)
Anker® Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー 急速充電可能 iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】(ブラック) A1211012

Anker製モバイルバッテリーはiPhoneをまるまる2回充電可能

家などで一回このモバイルバッテリーを充電しておけば、iPhone 6やiPhoen 5Sに2回も充電できます。また、iPhone 6 Plus、Galaxy S5 / Note 4、Nexus 5、その他のスマートフォンに少なくとも1回の充電が可能です。さらに、iPad miniにも80%まで充電することができます。

私は実際にこのモバイルバッテリーをカバンに入れて持ち歩いていますがとても便利です。

これまで外出中に長くiPhoneを使っていると夕方や帰り際にバッテリーの残量が少なくなって慌てることがよくありました。

しかし今では、すぐにカバンからこのモバイルバッテリーを取り出して、iPhoneに接続します。するとすぐに再充電を始めて、その瞬間からiPhoneを使い続けることができます。通常サイズのiPhoneであればたっぷり2回はフル充電できるのでモバイルバッテリーの容量も十分です。

Anker製モバイルバッテリーは軽くて小さい

また、これは小さくて軽いので、常時カバンやポケットに入れておいても全然邪魔になりません。

下が、充電の様子です。iPhoneに比べて、白いモバイルバッテリーがいかに小さいかわかるかと思います。(私のは白色のモバイルバッテリーを選びました。上のモバイルバッテリーとは色違いです。)

iPhone充電中

私は、iPhoneの充電が切れた時に、外出中にiPhoneとモバイルバッテリーの両方をポケットに入れてiPhoneを再充電なんてこともしています。

モバイルバッテリー自身は家のコンセントなどから充電します

さて、モバイルバッテリ自身を充電するには、家のコンセントなどでできます。またモバイルバッテリー自身の充電はUSBポートから出来るので、パソコンのUSBポートから充電してもOKです。

下の写真は家のコンセントからモバイルバッテリーを充電している様子です。白いのがモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーを充電

コンセントにつながっている黒い機器は、充電用のUSBケーブルをコンセントと接続するためのものです。これは別売りで買う必要がありますが、いろいろな種類があるので、どれでもOKです。

モバイルバッテリーの接続口は2つ(Input,Output用)

次の写真はモバイルバッテリーの接続口を見せたものです。

DSC_0010

上の穴(Output用)がスマホへの電力配給用のUSBポートです。ここと、手持ちのiPhoneをつないで外出時などに充電します。下の方(Input用)が、モバイルバッテリー自身を充電するためのもので、家のコンセントと接続します。

 

このメーカー(Anker)は様々な容量のモバイルバッテリーを販売していますが、外出中のiPhoneの再充電のための利用であれば、容量は次の5200mAhで十分です。

このモバイルバッテリーを同じスペックで色違いの赤もあります。

また、USBケーブルと家のコンセントを接続する機器を持っていなければ次を合わせて買っても良いでしょう。(iPhoneを買った時に、付属品としての付いているUSBケーブルと家のコンセントを接続するコネクターを使っても良いです。)

モバイルバッテリーで、外出時のiPhoneの充電切れを心配しないで済みます。

ハッピーライフを!