西洋人が働きすぎないのはキリスト教のおかげ。

キリスト教は西洋の宗教です。唯一絶対の神様の存在を信じる宗教です。人間が死んでもまた生き返ることを信じます。

 

キルスト教によると神は7日間で月を地球を作りましたこの世をつくりました。そして最後の日に神は休息をして休まれました。これが1週間が7日間である理由であり、最後の日に休息したのが日曜日の起源です。

 

神はまずアダムと言う名の人間を作りました。神は土をこねて人間の形を作り、魂を吹き込みアダムと言う名の人間が人類最初の人間が生まれました。そしてアダムの肋骨から最初の女性エヴァを作りました。

 

2人は最初は苦悩のない楽園に住んでいましたが、神の命令に逆らって、禁断の果実を食べてしまいました。。これに神は怒って、2人をを楽園から追放して、地上にきたのです。

 

これが人間の原罪です。この罪のために、男は労働をしなくてはいけなくなり、女は子供を産む苦しみを味わうなければいけなくなりました。

 

これが、西洋人が労働は罰と考える理由です。このため西洋人は長時間労働をしません。日本人とは労働間が違うんですね。