失敗の少ない人は成功しない人!?

この世には2通りの人がいます。自分の人生を生きている人と、他人の人生を生きている人です。

 

自分の人生を生きている人とは、主体的な人であり、リスクをとって実際に行動を起こす人です。こういう人は、たくさん打席に立っているので、失敗も多いです。

 

一方、他人の人生を生きている人は、従属的な人て、リスクは取らずに周りの顔色を伺って生きている人です。こういう人は、リスクを取らないので、失敗は少ないです。

 

ただし、リスクを取らずに失敗が少ない人は、少しづつ自分の人生が間違った方向にずれて行って行っても気づかない事が多いですね。ある日、会社が傾いてリストラされて途方にくれるのはこういう人たちです。茹でガエルと同じですね。

 

大きな失敗をしない様にするには、逆説的ですが沢山の失敗を重ねる事ですね。沢山の失敗を重ねているという事は、沢山チャレンジしているという事は、沢山能動的に行動しているということですので。