聖書

 

美術をはじめとして、西洋文化を理解するには聖書の知識が必要です。

 

聖書は旧約聖書と新約聖書があります。

 

ここで、「約」とは人間と神との契約を意味しています。旧約聖書の「旧約」とは、人間と神の古い契約、新約聖書は「新約」とは新しい契約を表しています。

 

旧約聖書

旧約聖書の大まかな流れは次の通りです。

1、神による世界の創造

神は天地を創造し、アダムとイブを誕生させました。その後、アダムとイブは楽園を追放されます。(人間の原罪)。その後、ノアの箱舟で少数の生き物のみ生き残りました。

 

2、ヘブライの民の物語

イサクの犠牲、天使とヤコブの戦い、ファラオの夢を解くヨセフの話があります。

 

3、モーセと出エジプトの物語

モーセの発見、十戒の授受と黄金の子羊礼拝の話があります。

 

4、イスラエル王国の誕生の物語

サムソンとデリア、エッセイの樹、ダヴィデとゴリアテ、ソロモンとシバの女王の話があります。イスラエルは旧約聖書の舞台となっていので、今でも多くの宗教の共通の神聖なる土地になっているのですね。

 

5、外典の物語

ユディト、スザンヌの水浴、トビアと天使の物語があります。

 

新約聖書

1、聖母マリアの生涯

ヨアキムとアンナ、金門の出会い、マリアの神殿奉献、受胎告知、聖母の戴冠の話があります。

 

2、イエス誕生と幼少時代

キリストの降誕、東方三博士の礼拝、幼児虐殺、エジプトへの逃避、途上の休息の話があります。

 

3、イエスの洗礼と奇跡

キリストの礼拝、キリストの試練、キリストの変容、貢ぎの銭の話があります。

 

4、イエスの受難

エルサレムの入城、ユダの裏切りと最後の晩餐、キリストの逮捕とキリストの嘲弄、ピラトの前のキリスト、笞打ち、磔刑の話があります。

 

5、イエスの復活

辺獄に降りるキリスト、復活と昇天と最後の審判の話があります。